大企業がすでに行っているSEO対策

狙ったキーワードで上位表示!

大企業のWEBサイトでは、そもそものコンテンツ量が多くあり、基となるWEBサイトの出来は素晴らしいものであるため、検索エンジンに評価されることが多くなっています。
そこにプラスして大企業では、TVCM等で「続きはWEBで」と言った広報をしています。この時に、キーワードを使ってWEB検索してもらうのですが、CM広報より前の段階で、狙ったキーワードで検索した時に1位で表示されるようにSEO対策をしています。キーワードが商品名であれば簡単ですが、変わったキーワードで検索してもらうことも考慮されています。この狙ったキーワードによるSEOは非常に時間のかかる難しい手法です。大企業では、CMや雑誌広告のスケジュールに合わせてSEO対策も連動して行っています。

小手先の技術ではないSEO

大企業のWEBサイトでは、お客様のためのコンテンツを提供しています。その際に検索エンジンに評価をされることを考えてはいません。基本は「お客様に有益な情報」を公開しています。このことが重要で、現在の検索エンジンでは、質の高いコンテンツを持ったWEBサイトを上位表示するようなロジックになっています。数年前までは、キーワードの単語の使用回数を増やすことや、外部からのリンクの数が重要でしたが、これらの小手先のSEO対策は通用しなくなっています。
そもそも大企業のWEBサイトは、外部からのリンクは無数にあるでしょう。また商品の説明で、必要となるキーワードは多数含まれているでしょう。
このように大企業のWEBサイトは、現在の検索エンジンの評価方法にマッチしたサイトの作りになっています。